お悩みのご相談
女性のひふのお悩み
お気軽にご相談下さい

エキシマライト

HOME | エキシマライト

エキシマライト

エキシマライトは紫外線療法の1種で、これまでの紫外線療法よりさらに効果が高いといわれている短い波長の紫外線を患部に照射して治療します。以下の様な疾患の治療に適応があります。

乾癬

表面にかさかさとした鱗屑(白くかさかさ皮膚がむけたり、
けばだって見える物)を付着した赤く境界線が
はっきりした皮疹ができる疾患です。
乾癬

全身どこにでもできますが
頭皮や肘、ひざなど刺激を受けやすい部分によくみられます。
爪も厚くなったり、点状のへこみが見られる場合があります。
慢性に経過する疾患です。

尋常性白斑

しろなまずともよばれる皮膚に境界がはっきりした白い
部分ができる疾患です。
白斑

皮膚の色はメラニン色素の量で決まり
ますが、メラニン色素をつくるメラノサイトが何らかの原因で
(自分の免疫システムによって攻撃されるなどが提唱されていますが
はっきりとはわかっていません)破壊されてしまうため生ずると
考えられています。全身に生ずる汎発型と数個までの白斑が局所的にできる限局型、
神経の支配領域に沿ってできる分節型があります。
治りにくく整容的に悩まれる患者さんが多い疾患です。

掌蹠膿疱症

手のひらや足の裏に膿疱が出たりひいたりする
ことを繰り返す、慢性経過をとる皮膚病です。
掌蹠膿疱症

手足以外に膝やすね、頭などにも皮疹がみられたり、
爪の変化や胸鎖関節痛を伴う場合があります。扁桃炎や中耳炎、副鼻腔炎、
虫歯などの病巣感染や金属アレルギーが関与している例があります。

アトピー性皮膚炎

皮膚にかゆみを伴う湿疹などの症状が現れ、
よくなったり、悪くなったりを繰り返し、慢性化しやすい疾患です。
悪化因子を除去し、外用剤を主体とした薬物療法と日々のスキンケアで
日常生活を支障なくおくれるようにコントロールするのが治療目標です。
ステロイド外用剤でコントロールが悪い場合でも紫外線療法が
有効なことがあります。またかゆみが強い固くもりあがった
頑固な痒疹を改善することができます。

エキシマライト治療のながれ

1.診察で皮膚状態を観察。治療方法について説明します。
2.患部周囲の皮膚に日焼け止めを塗ったり、遮光した後、エキシマライトをあてます
特に痛みは無く少し暖かい感じがします。治療後は強い日光をさけるようにしてください
3.週2回~1回程度の間隔で繰り返して治療します。

エキシマライトの費用

乾癬、類乾癬、尋常性白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、菌状息肉症、
悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹では保険適応となります。